Worry women and pharmacy staff

どちらも効果的です

a thinking girl

ピルには色々な種類があるのをご存知でしょうか。細かく言い出したら結構たくさんあり、知れば知るほどどれを選んだら良いのかわからないという状態になってしまうかもしれませんので、今回はわかりやす大きく二つの種類に絞ってあなたに教えていきたいと思います。まず一番一般的に飲まれているピルとしては、低用量ピルになります。これは基本的に生理の周期に合わせて何度も飲む必要があり、大体1日1錠を約3週間くらいずっと飲むことで効果を発揮させることが可能です。3週間飲み続けたら1週間は服用を休止し、そしてまた生理が始まったら再度ピルを服用し始めるといった形で飲むことになります。ただ1週間飲まない期間を過ぎてからまた飲み始めるのを忘れてしまうという女性もいるので、最近では28錠タイプがよく販売されております。続いて二つ目に、アフターピルと呼ばれるものが存在します。アフターピルは通常のピルとは違い、緊急時に飲むタイプの避妊薬となります。例えばコンドームを付け忘れてしまった時や、中に射精されてしまったという時においてこのアフターピルというのはかなり役に立ってくれるでしょう。ただし、セックスをしてから72時間以内に服用しないと効果が現れにくいと言われておりますので、そこだけ注意さえしていれば間違いなく最強の味方となってくれるはずです。ちなみに妊娠してからアフターピルを飲んでも意味がないので、必ずセックスが終わってからすぐに飲むということを意識してほしいと思います。どちらも常時しておくととても便利ですよ。